プロペシアのジェネリックであるフィンペシアとミノキシジルのタブレットを通販で購入してAGAを治療した男性の体験談です!

AGA治療の体験談

薄毛が気になり病院に受診して治療をはじめたのが、30代の半ば過ぎだったと思います。
はじめて「プロペシア」という薬の存在を知ったのも病院がきっかけで、はじめの3ヶ月ほどは病院での処方を受けていました。

1回で28日分の処方を受けていたので、通院は1ヶ月に一度で済んでいました。
保険が利かない治療ですが、1錠も300円ほどだったので気にもしていませんでしたが、後々計算してみると結構な金額に。

これだけのお金があったら趣味などにも費やせると思い、治療費の高さから通院をやめてしまいました。

そこから1ヶ月もすると、やっぱり髪を生やしたいという願望がフツフツと湧いてきてしまい、安く購入できる方法はないものかとネットで検索。
薄毛の男性がネット検索をしている様子 すると見つけたのが、海外通販サイトでした。
海外で販売されている製品やジェネリックなどを購入することができ、それも低価格となっているので一番の問題点を解消できると思いサイト内を閲覧していました。

すると私が1ヶ月前まで服用していたプロペシアのジェネリックである「フィンペシア」という薬を発見。

驚きなのはジェネリックに切り替えるだけで、1錠は35円ほどになるということです。
病院処方の1/10の価格なので、1ヶ月分の費用で1年間治療できてしまいます。

またプロペシアを服用中に医師からミノキシジルが入った育毛剤との併用を進められていたので、育毛剤もなにか良いものはないかと調べるとありました。

塗り薬ではなく、錠剤にミノキシジルが含有されている「ミノキシジルタブレット」というジェネリックです。

これも1錠30円ほどだったので、合わせて1ヶ月分を購入。
商品が送られてきてから、再びフサフサな髪を取り戻すべくAGAとの闘いの日々が続きました。
ミノキシジルタブレットと男性 フィンペシアとミノキシジルタブレット併用から1ヶ月、なにも頭皮に変化はなし…。
不安になっていましたが、そもそもどちらの薬の成分も即効性がないことは医師からも聞いていたので、めげずに服用。

3ヶ月目、気になる頭頂部に産毛が生えてきているのを発見。
病院処方で服用した期間と同じ3ヶ月目でしたが、併用のせいか明らかに効果を実感。
6ヶ月目、太く健康的な髪が何本か目立つようになり、3ヶ月目の時に比べて外見にも変化を感じるように。

9ヶ月目、頭皮の目立つ面積が減ってきて、髪1本1本は短いものの、確実に増毛の効果が見て分かります。

病院治療も含めるとちょうど1年の治療ですが、9ヶ月でここまで生えてきたのなら治療して良かったと思えるレベルまで毛髪が復活してきました。

ジェネリックにしただけでこんなにも負担なく治療できるので、これから自分が満足するまで治療を続けていきたいと思います。