AGAに類似する若年性脱毛症は若くして薄毛になってしまう病気ですが、症状や原因について詳しくご紹介しています。

若年性脱毛症とは

AGAは、30~40代の中高年代に入ってからよく見られる症状です。
一方で「若年性脱毛症」という、いわゆる若ハゲも増加してきているのをご存知ですか。

まず名前から分かる特徴として、10代以降から発症するのが特徴です。
男性に多いですが、女性でも発症することもあります。

AGAは、頭頂部や生え際が後退していくのが症状となりますが、若年性脱毛症は円形脱毛症のように一部分のみが脱毛を引き起こします。

また初期症状が少ないので、自覚しにくいことも特徴となります。
「気付いたら一部分だけ髪がない・・・」なんてことにもなりかねません。

少し髪の抜ける量が多いなと感じたら、要注意かも知れません。
AGAの原因は、悪玉男性ホルモンである「DHT」と脱毛遺伝子「TGF-β」ですが、若年性脱毛症の原因は他にあります。
吠える薄毛の男性 ストレス
精神的に負担を感じ、それが積み重なると発症の引き金になることが。
こころの疲れを感じている時に、いきなり大量に髪が抜けた場合にはストレスが影響している可能性が高いです。

根本的な原因をつきとめ、ストレス因子を取除く工夫や解消などすることが大切になります。

ホルモンの乱れ
この原因はどちらかというと、男性よりも女性です。
女性は普段、女性ホルモンの働きによって男性ホルモンの働きを抑えています。
しかし、日常的なストレスや産後でホルモンが減ったりすることでバランスが乱れます。
ホルモン量が減ってしまうことで、悪玉男性ホルモン「DHT」が生成されるようになり、薄毛を起こしてしまいます。

生活習慣の乱れ
若年性脱毛症は、生活そのものが影響して起こることがあります。
過度なダイエットや、偏食などを続けていると毛髪に十分な栄養補給をすることができなくなる可能性が。また寝不足なども影響し、毛髪の成長が上手くいかなくなってしまうことも。
最近ではスマホの普及にともなって、夜中までインターネットやゲームに夢中になっていませんか。
頭を抱える男性 もしかするとそういった事が原因になって、若くして薄毛になるかも知れませんよ。
外見に特に気を遣う若い人が、自分の頭をみて薄くなっていたらそれだけでショックだと思います。

外見が変わることへのストレスなどによって悪循環に陥るケースもあるので、上記3つの原因には十分注意しましょう。

もし薄毛に気付いたら目を背けず早急に治療を開始する事で症状の悪化を防ぐことができます。
若年性脱毛症においてもAGAと同様でプロペシアミノキシジルを服用して治療するのがとてもオススメです。