プロペシアやミノキシジル製品の購入は海外医薬品の通販がとてもオススメ!長期的な治療では価格を抑える事も重要なポイント!

プロペシアとは

男性のAGAが治療できる薬は、存在します。
それが、プロペシアという飲み薬です。

どれくらいの人が効果を実感できるのか、国内で行われた臨床試験データは次のようになります。

現状維持を実感した人
1年目 40%
2年目 31%
3年目 20%

半数の50%には満たないものの、多くの人が1年目で効果を実感しています。
一方で、この試験では毛髪量が増えたことを実感している人もいます。

毛髪量が増えたと実感した人
6ヶ月目 48%
1年目 58%
2年目 68%
3年目 78%

長期的な服用期間が必要ですが、飲み続けた分だけ毛髪量が増えていることがこの結果からは分かるはずです。

毛髪量の現状維持や増毛に一役買ってくれるプロペシアですが、これだけの有効性が発揮できるのは、この薬が原因物質に作用してくれるからです。
プロペシアと薄毛の男性 AGAの根本的な原因は、「DHT」と「TGF-β(脱毛遺伝子)」の2つとなります。
これらの物質は、次のように作り出されています。

「DHT」=5αリダクターゼⅠ・Ⅱ型+男性ホルモン(テストステロン)。
「TGF-β」=DHT+AR(アンドロゲンレセプター:遺伝子)。

2つ物質が生成され、頭皮に増えることで男性は薄毛や抜け毛などの症状に苦しみ、悩むようになります。

プロペシアは、この2つの物質生成の流れの中で「5αリダクターゼのⅡ型」を阻害する作用があります。

つまりDHTを抑えることで、脱毛の進行を遅滞させたり、飲み続けた時には発毛効果の可能性も期待できます。

根気強い服用が必要になりますが、はじめるからには1年後の自分の毛髪が増えていることを信じて服用を続けていきましょう。

ただこれだけ高い効果を発揮してくれる薬ですが、副作用を知ると服用を躊躇してしまう人もいます。
女性を背に向けて落ち込む男性 それが、「男性機能・性欲の低下」です。
EDを起こしたり、性欲が次第になくなる事がありますが、確率はそれほど高くはないです。

臨床試験データからは症状が現れるのは1%未満としていて、逆にこの副作用を意識し過ぎて心因性のEDになるケースも。

1%のリスクを信じるのであれば、40%以上ある薬の効果はもっと信じれるはずなので、生やすと決めたら臆せず服用することがオススメです。

プロペシアは世界的に人気もあり、多くのプロペシアのジェネリック医薬品が存在していますので、そちらも是非一度ご覧ください。

ミノキシジルとは

ミノキシジルタブレット 1970年代に、男性を救う成分が見つかりました。
それが、ミノキシジルです。

飲み薬として登場し、血圧を下げるための血圧降下剤の成分として処方されていました。

処方すると服用している人たちからの報告で、全身の毛が濃くなる「多毛症」という副作用が見つかり、これがきっかけとなり現在でも使用されている育毛剤成分へと転用されるように。

育毛剤の使用経験がない人はその効果を疑うかも知れませんが、実際のデータは次のようになります。

毛髪1平方cmあたりの増毛量
4週間経過 1.4本
8週間経過 19本
12週間経過 23.7本
16週間経過 22.3本
20週間経過 21.4本
24週間経過 21.8本

ミノキシジルを頭皮に使用することで、確実に毛髪量は増えていっていることが分かります。

しかも、同じくらいの本数の毛髪が太くなったことも確認されています。
髪の成長を促進するだけでなく、その生えた髪を太く強くしてくれる効果まで期待できるという事です。

データのように進行しない場合がありますが、基本的には3~6ヶ月ほどで効果が現れると言われています。

「すぐに効果がでないからやめよう」というのは勿体ないので、少なくとも6ヶ月は継続するようにしましょう。
毛髪を触られて喜ぶ男性と女性 また多くの人が1年間の使用で、約90%の人が効果を実感していて、その効果は長く続けるほど高いとされています。

使用から大体、1ヶ月ほどが経過した時に、「初期脱毛」が起こることがあり、一時的に抜け毛の量が増えることがあります。

これは頭皮に作用した事によって、毛根内にある「毛母細胞」が急激に活性化したことで起こるので、発毛の前兆と考えて下さい。

ミノキシジルのメリットは、他にもあります。
国内では医師の処方箋などはいらず、市販薬として販売も行われているので気軽に頭皮ケアをはじめることができます。

CMでもお馴染みの「リアップ」シリーズがそれに当たり、1%と5%含有のものが登場しています。

濃度は高いほど効果も比例しますが、急に濃度の高いものからはじめると頭皮に合わないこともあるので、はじめは1%からスタートすること望ましいです。

また病院処方のプロペシアとの併用は相乗効果が期待できるので、いっしょに使うことも考えてみてはいかがでしょうか。

実際にミノキシジルを含む製品は医薬品・市販問わず存在していますので興味がある方は調べてみるのことをオススメします。

海外医薬品の通販について

タブレットで検索する男性 安いと思って使用していても、気付いた時には高額な治療費になんてことありますよね。
男性のためにあるAGA治療薬などは、その代表例かも知れません。

病院処方で購入できる「プロペシア」ですが、1錠は約320円ほどになるので、そこまで高いとは感じないはず。

ただ、これを1日に1回の服用で1年続けるとなると薬代だけで11万円ほどかかる計算になります。

これに初診料や再診料が毎回加算されるので、かなり費用負担が大きい治療となります。
できる限り安く購入したいと誰もが思うはずなので、負担の少ない方法である海外通販での購入方法をご紹介。

海外通販とは、海外と日本をつないでくれる仲介業者から治療薬を購入する方法で、個人輸入の代行サービスとなります。

個人輸入で海外の医薬品やジェネリックなどを購入するのは、国内の法律でも認められているので安心して購入できます。

代行してもらう理由は、2つあります。
カスタマーセンターの女性 1つ目は「言語の壁」
仲介業者をはさまずに購入することはもちろん、できます。
ただ、それにはその国の言葉あるいは英語などが話せないと商品の注文すらままなりません。
また輸送中の荷物トラブルなども日本語では対応できないので、ある程度の語学力を求められます。
2つ目は「法律」
薬事法など知っている人は、法学部出身者あるいは独学で勉強していた人くらいしか詳しくは知らないはずです。
低価格で買えるから一度に何錠も購入しようとしても、それを日本の法律は認めていません。
種類にもよりますが、ほとんどが30日分までとしています。
個人輸入代行の流れ 他にも税関の手続きなどについても自分ですべて行わなければならないので、専門的な知識を問われます。

代行してもらうことによって、購入までの2つの問題点は簡単に解消することができます。
ネットから注文することができ、業者が代わりに購入し、注文者のお届け先まで商品を配送してくれます。

しかもインターネットサイトもすべて日本語表記となっているので、だれでも気軽に商品を選び注文することができます。

病院などと違い欲しい時に薬が手に入る訳ではなく、注文から10~14日は到着までにかかります。

ですがその分低価格になり、プロペシアジェネリックであれば1錠35円ほどになるので病院の1/10くらいまで費用を抑えて薄毛治療ができます。

あらかじめ注文しておけば、到着日数もさほど気にならないはずなので上手に利用してみてはいかがでしょうか。